こんにちは、球太です。

作業に専念していたので、久しぶりの記事に
なってしまいましたね~(;´д`)

今回は、みんなど~してるのかな~という意味も
含めて「サイトのSSL化」について書いてみます。

「SSL化ってなんじゃい?!」って思った方も
いらっしゃるかも知れませんので、ちょっと球太のサイトを
例にとってみます。

まず、こちらの画像

これは、球太がワードプレスで新しく作ったアドセンスのサイトから
一番左上に出てきたメッセージを切り取った画像です。

「保護された通信・・」となっていますよね!

次に、こちら!

お馴染みの球太のメインブログの左上の切り取り画像です。
(あなたが今、みているサイトです グーグルクロームで見たら
こうなってます)

URLの「kyu・・」の前に丸で囲まれた「i」のような
記号があって、そこをクリックしたら

「このサイトの接続は保護されていません・・」と

なっています。

この違いは、最初のアドセンスのサイトは「SSL化」していて、
球太のメインブログは「SSL化」していないという事です。

SSL化は、あくまでもグーグルクロームで見た場合
だと覚えておいてください。

SSLは情報端末とサーバーの間のやりとりの情報を
暗号化する規格のことで、それをする事によって
第三者からの改ざんや漏えいを守るという仕組みです。(ざっくり書きました^^)

球太は、はじめ「あ~そ~」という感じでしたが、

どうやら、またまたグーグル様の
ご機嫌をとる仕組みのようで、取り入れなければこれから先
ヤバくなっていくような話がチラホラでています。

あっ、書き忘れていましたが「SSL化」すると
サイトのURLが「http」から「https」に変わります。
「S」が付いただけじゃね~の!と思うでしょうが、

グーグル様は2014年8月にSSL/httpsを検索結果のランキングシグナルに
使用することを発表していて、つまり

「httpのサイトよりhttpsのサイトの検索順位を優遇するかもね?」と

おっしゃっているようです。^^

そりゃ、「第三者からの改ざんや漏えいを守るという仕組み」なら
ユーザーに有益な情報を提供することを第一に考えユーザーが
安心して使えるサイトの方を、

グーグル様は優遇するのも理解はできますよね♪

また、グーグル様は「https」の標準化を進めるために、
安全でないWebサイトを見分けられるようにブラウザや検索エンジンの
判断基準がここ数年で追加していってます。

これが、どのくらい検索順位に影響するかは、
まだわかりませんが、できるのならユーザーからの信頼を得るために、
常時SSLの対応をしていったほうがいいのかもしれません。

じゃ~なぜ球太は、新しく作ったアドセンスサイトは「SSL化」していて、
メインブログは「SSL化」していないんでしょう? それが・・

「できるのなら・・」なんです。

これから作ろうとするサイトか、数記事しか書いていないサイトなら、
「SSL化」は、そうめんどくさくはないんですが、

メインブログのように、数十記事、数百記事を書いているサイトを
「SSL化」しようと思ったら非常にめんどくさいし難しいんです。w(゜ロ゜)w

探せば何か簡単にできる「プラグイン」もありそうですが、
今現状では見つけられていません。

なので、メインブログや記事数の多いサイトは
しばらくは様子をみようと思っています。

(実は、一括変換できるというプラグインも見つけましたが、
それでも・・一括は実際にはできないしURLだけSSL化できても
他にやる作業がいっぱい出てきてしまいます。
球太はそれも含めた一括変換のプラグインを探している最中です^^)

そうは言っても、できるのなら「SSL化」はした方が
良いと思いますので、

教材などの「SSL化」の特典をもっていない人は、
こちらの方のサイトを参考に自分で「SSL化」にチャレンジ
してみてください。
(球太は下のロリポップの方のサイトを参考にしました♪)

Xサーバーは、こちらの方を、

→ https://nelog.jp/wordpress-ssl

ロリポップは、こちらの方を、

→ https://kanamii.jp/2727/

でも、あなたが
チャレンジしても、球太には質問してこないでくださいね!
10月ころにやって詳しくは、忘れましたので^^

やっぱり自分で手さぐりで
やった方が身に付ま~す。^^