こんにちは、球太です。

=============================

毎日楽しんで遊んだり、本気で好きな事できるのは若いうちだけ、、、
まだそんな事言ってるの?
オヤジでも毎日好きな事をしながら生きていける方法を教えます。

~仕事に縛られないアウトドアライフの歩み方~

==============================

というような、2月27日(土)13時~からの、
ウェビナーの案件の紹介依頼を受けました。(2時間くらいだそうです)

どうやら、オヤジ限定のようなウェビナーのようです。

PS で主催者のレターも載せておきますが、
”毎日、楽しいですか”の部分で、

オヤジ・楽しいというキーワードで、真っ先に、
「村上春樹」さんが思い浮かびました。

先日、村上さんの「職業としての小説家」を、
読んだばかりなので浮かんだのかも知れません。?

この本は、小説の業界関係の事や、村上さんの小説家感や、
小説家を志す人のための、ガイドブック的な要素もあって、
なかなか面白い読み物でした♪

村上春樹さんは、1978年の4月の神宮球場で、
ヤクルト対広島のプロ野球の試合を見ている途中で、

突然に、

「そうだ、僕にも小説が書けるかもしれない!」と思い、

試合が終わってから、新宿の紀伊國屋で、
原稿用紙と万年筆を買って(当時はパソコンがありませんでした)
執筆を始めたそうです。・・・・・ほんまかいなあ~^^

そして、最初の小説「風の歌を聴け」を、
その年に書き上げてしまったのです。

この時に村上さんは、

文章を書くことの「気持ちよさ」、「楽しさ」を感じ、

その感覚は60を超えた、今でも変わっていないと、
おっしゃっています。

あなたは、どうですか、
いま、何かをしていて「気持ちがいい」、「楽しい」と
感じる事はありますか?

村上春樹さんの小説が、他の人より群を抜いているのは、
彼自身が、楽しんで小説を書いているからだと思います。

彼が書くことを楽しんでいる事を、
彼自身が、こう言っています。

(職業としての小説家より引用)

=====================

2002年に「海辺のカフカ「を書いたとき、

僕は50歳を少し過ぎていましたが、
主人公を15歳の少年に設定しました。そして書いているあいだ、
自分が15歳の少年であるように感じていました。

もちろん、それは現在、現役の15歳の少年が感じているはずの、
「感じ」と、同じものではないはずです。

それは、あくまで僕が15歳であったときの感覚を、
「現在」に架空に移し替えたものです。

でも、小説を書きながら僕は、自分が15歳であった時に、
実際に吸った空気や、実際に目にした光を、

ほとんどそのまま、ありありと自分の中に再現する事ができました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

だから、これから僕は、

レズビアンの傾向を持つ20歳の女性になるかもしれないし、
ある時には、30歳の失業中の、ハウスハズバンドになるかも、
しれません。・・・・

・・・・・・

================================

ねっ、楽しんでますよね~

小説の中では、自分が少年になったり、
女性になったりできますし、

タイムマシンに乗って、昔の15歳の自分の感覚を現在に連れてきて、
楽しんだりする事ができてしまいます。

普通、60を超えたオジサンは、
仕事に対して、ここまで楽しめないはずです?

村上春樹さんに対しての、日本での評価は、
ガヤガヤとうるさい評価ばかりで、
時には嫌になった事もあったそうです。

だから、海外に積極的に進出していきました。
(本人が「職業としての・・」でそう書かれています)

でも、彼は書く事が楽しいから小説はやめません、
それどころか、60を超えて、
まだ、「自分は発展途上」だと考えていらっしゃいます。

フロンティア精神で、次のステージを睨んでいるのです。

球太もオジサンを長い事やっていますので、
15歳の感覚なんて、もう忘れてしまいましたが、

あの時の感覚が感じれたら、楽しいでしょうね♪

球太も含め、
オジサンたちは疲れ切ってしまい、
若いときの燃えるような思いは、なくなってしまったんでしょうか?

この事も踏まえ、
PS  を読んでください。

PS

この記事の最初に書いた、
ウェビナーですが、

球太は、もちろん、
まだウェビナーは見てませんので、どんな内容かは知りませんが、

主催者からのレターを読んで、面白そうだな~と、
思いました。(オヤジ限定かな?^^)

主催者からのレターを掲載しておきます。

================================

大人になって、オヤジになってから自分の人生を生きてますか?
誰かが決めた常識や、当たり前、世間の目などに振り回されて
本当の自分を見失っていませんか?

今の自分の人生に満足できず、楽しくない毎日を過ごしてるなら
必ずこのウェビナーを観てください。
そんな生活から脱却できる方法を公開します。

家族を食わす為だけに、決まった時間に家を出て、
やりたくない、やりがいもない仕事しながら
帰れる時間が来るのをひたすら待つ。

家に帰っても特にする事はなく、
ビールを呑みながらテレビを流し、

また明日も仕事か。。。
と憂鬱にな気持ちになりながら寝て、
朝になって、また同じ1日を過ごす。。。

こんな毎日って楽しいですか?
自分の人生を生きてるって感じれますか?

そんな毎日なんておさらばして、
1度きりの人生をもっと遊んで、心から楽しみましょうよ。

アラフィフのオヤジでも、
ゴキゲンな毎日を過ごせる方法をこっそり教えます。

好きな事、やりたい事、行きたい所、、、
オヤジになってからいくつもの事を諦めてきましたか?

自分の人生なんだから、その気持ちがなくならない限り
諦めなくてもいいんですよ。

そんな事言っても諦めるしかなかった。

こんな声が聞こえてきそうですが、
それは諦めなくても生きていける方法を
ただ知らなかっただけなんですよ。

僕はずっと諦めきれず、もがいていました。

もがいて、もがいて本当に苦しかったけど
自分らしく生きたい一心で必死にやってきました。

そしてやっと何も縛られず、
自分らしく生きて行く方法が分かりました。

もしまだ諦めきれない事があったり、
これから自分らしく生きていきたいって思っているなら
僕を信じてついてきて下さい。

必ず人生を変えるキッカケになるはずです。

==========================

内容は知らないので、中村式のように、
これは、絶対にみるべき案件だ!とは言いませんが、

2時間くらいのウェビナーなので、
興味と、時間のある方は覗いてみてください。
(主催者の方はまったくしりませんが、特典で、
いまメルマガの教材で賑しているAYUさんを、みっっけです^^)

→ オジサン限定のウェビナーは、こちら